国際投資・オフショアファンド・資産運用・海外口座開設

海外での(国際)資産運用と香港の関係

なぜ香港ってよく聞かれます。
香港はご存知のとおりオフショアの国です。

 

オフショアについては色々書かれた物がありますからここでは詳細は省略するとして、要は『税制面の有利さ』だったり『守秘性』が主な理由と思われます。

 

これといって産業の無い小さな島や地域が自らを維持発展させるため、法人税や所得税をゼロかそれに近い低い税率にして海外の法人やお金を呼び込むことを目的として運営されています。

 

私たちが住むアジアでは、シンガポールや香港がこれにあたり、日本では最も近い距離にある香港が多く利用されているのです。
(欧米の人からすると香港は遠い地域であり、あまり意味を待たないこところでしょう。)

香港はアジアの金融の中心都市

香港やシンガポールは行かれた方はご存知のとおり、アジアの金融の拠点です。東京がそうだと思っていた私はかなりのショックを受けた経験があります。
世界の名だたる大手金融会社の高層ビル群が香港中心地区に並んでいるさまを見るにつれ、日本危うしと思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

日本以外で(国際)資産運用をするなら香港、シンガポールしかない!?

 

 

 

ただオフショアである香港での資産運用のメリットを『税制面の有利さ』だけで考えてしまうと大きな危険が待っています。
そう、たとえば日本の税法。
日本人である以上(この場合居住者であり永住者)、国内での所得はもちろん香港など国外での(国際)資産運用で得た所得に対しても税金を払わなくてはなりません。(確定申告します)
香港では、資産運用した結果株や投資信託等でいくら儲かろうが非課税です。香港内では。
しかし私たちは海外での運用結果を確定申告をして他の所得と合算して納税しないといけません。

 

これらのことを単純な興味本位で書いている本やセミナーが多々見受けられることは残念ですが。

本来の香港での(国際)資産運用の2つの目的

1つめ。
海外に資産の一部を移してリスク分散(資産の分散)を図る目的です。
問題は日本が今後も大丈夫なのか?
というところから派生してきています。
(私は楽観視していますが、ちょっと心配ですよね〜)
大きなインフレが起こると通貨の価値が下がってしまいます。
昨年まで100円で買えたのが今年は200円出さないとダメになる時代。
これは避けたい、どの国も!
もっといろんな要因が不安材料となっているのも事実。
不安があるのなら対処しなければなりません。
『臆したか?銃を取れ!』って

 

2つめ。
海外の優良な金融商品が手に入る。
日本国内なら当然国内の法律に則ってファンドが運営されます。
これに対して、日本のファンド運用レギュレーションではとても太刀打ちできない方法で資産運用されている海外のファンドは、特にヘッジファンド(オフショアファンド)と呼ばれ、世界の投資家が注目しています。
こんな海外の金融商品がもし手に入るのであれば。ちょっと興味ありますよね。

無料会員制『プラチナクラブ』がお手伝い

このような海外特に香港を使った(国際)資産運用についてエフピーインフォでは会員制『プラチナクラブ』の中で公開して行こうと考えています。
どうぞご興味ある方はご参加ください。

 

買い物がてらに香港に行き、ついでに銀行で口座を開いて帰ってくる。
海外旅行で(国際)資産運用の時代。
私がなぜ香港で資産運用といっているか意味がお分かりいただけたでしょうか?
重要事項
最初にお伝えすることとして、当社が発信する情報や体験談等は決して販売を目的とするものではありません。
当社はいかなる金融機関とも提携や代理店契約(もしくはそれに準ずる契約)をしておりません。よって金融商品(株や債券、投資信託、保険など)の販売行為はできません。 
FP会社であるため、相談者からの相談料や情報提供等のための費用等、銀行紹介手数料等で運営されています。




|【PR】|
個人輸入ビジネス副業.navi合宿免許利尻カラートリートメント詐欺商材吃音(どもり)克服改善.naviバイナリーオプション検証レビューブログ